俵山本田農園だより

地域の方に喜んで食べていただけるためのお米や野菜作りの記録です。「農家の知恵袋」「農家のレシピ」「地域のニュース」「メダカ」がお勧めです。

ナスの辛子漬けづくりがピンチ。萩からしが手に入りません。

ナスの収穫がピークを迎えており、連日100袋以上市場に出荷しています。その分、日焼け果などの市場に出荷できない傷物もたくさん出るので、辛子漬けつくりを始めました(ですので、ひよこの店には当分ナスの出荷はありません)が・・・。

我が家は2種類の辛子粉を使って辛子漬けをつけていますが、そのうちの一つである萩からしの生産が終了したらしく、どの店に行っても手に入りません。我が家には数回分の在庫しかなく、なくなるまでに同じ品質のからし粉を見つけ出さないといけません。

ウコンなどの添加物はありません。値段も100円くらいと手頃です。

砂糖や辛子粉などの材料を混ぜ合わせている間、目にしみるくらい辛子の刺激が立ち上がってきます。ナスの皮の紫が濃く、ミョウバンを加えて発色させる必要はありません。また、皮がやわらかくて種がほとんどありません。