俵山本田農園だより

地域の方に喜んで食べていただけるためのお米や野菜作りの記録です。「農家の知恵袋」「農家のレシピ」「地域のニュース」「メダカ」がお勧めです。

俵山小学校の3・4年生が我が家の野菜を見学しました。

昨日の午後、俵山小学校の3・4年生7人が我が家の野菜などを見学しました。最初に案内したナスのハウスでは、花のホルモン処理や花殻つみを体験しました。ここでは、中が40℃以上になることや、病気や害虫対策のために、どうしても農薬散布が必要なことなどを説明しました。

児童たちは野菜のほか、コメの乾燥機、保冷庫、トラクターやコンバインなども見学しました。事前学習をよくしており、とても興味を持って体験をしたり説明を聞いたりしていました。最後に、キュウリを1本ずつ(あまりなっていなかったので)もいで帰りました。小さめのキュウリを選んだ児童は「家に帰ったら丸かじりする。」と言っていました。

昨日の給食で出された味噌汁に使われたくりまさるを栽培しているハウスを見学しました。

トマトやピーマンのハウスも見学しました。トマトに新聞紙をかけている理由を聞くと、「日光でトマトが痛むから」とすぐに答えてくれ、感心しました。

大雨の前にヒエを刈り取りました。

先週土曜日のセンザキッチン朝市、久しぶりに出店しました。まだ品数が少なかったですが、次回20日(土)は、もう少し品物を用意できそうです。

さて、今日は夕方から大雨、ビニールハウスの中が薄暗くなるほど雲が厚かったので、早々に作業を打ち切りました。雨が強くなる前に、中干しした田んぼに入ってヒエをののこぎり鎌で刈り取りました。今年は鎌に柄をつけたので、立ったまま楽に刈り取ることができました。我ながらよい道具を作ったと自画自賛しています。

のこぎり鎌で根元の下を刈り取ります。鎌の先が細いので、イネの近くに生えているヒエも簡単に刈り取ることができます。

刈ったヒエはそのまま放置します。

のこぎり鎌には柄がついているので、立ったまま刈り取ることができます。

鉄製ののこぎり釜は簡単に曲がるので、刈りやすいように曲がりや角度を調整できます。

土曜日のセンザキッチン朝市、萩市や阿武町の道の駅のイベントに人が流れたのか、お客様は少なめでした。

明日のセンザキッチン朝市、メダカの種類は少なめです。

明日のセンザキッチン朝市に出すメダカ(種親、ほとんど昨年産まれ)の種類は、和墨RLFの子(普通ヒレ)、ダイアナ妃キッシングワイドフィン(普通ヒレ含む)、紅白ヒレ長、紅帝ヒレ長、紅帝RLF、ブラックダイヤヒレ長、紅華紅白、カイジ黄ヒレ、サタン、華蕾などです。第3土曜日の朝市では、もっと出せると思います。

くりまさるは追熟途中なので、カットせずに販売します。一昨日、給食用を含めてよく熟れたものから約100kg収穫しました。

久しぶりの強い日差しでナスも人もバテ気味です。

急な暑さでビニールハウスの中は40℃近くになり、ナスの葉が力なくしおれているような感じになっています。日照不足の日が長かったので、葉が薄くて大きくなっていたからです。ただ、日照不足によって花が流れて実が少なくなっているので、花は少しずつ勢いを取り戻しつつあります。中で作業をしている私たちも熱中症で倒れないようにこまめに水分補給と休憩をとりながら作業をしています。

今日は、収穫とホルモン処理、灌水が重なったので、田んぼ仕事はこれからです。今日は溝切りができそうでしたが、明日の午前中にやってしまおうと思っています。

さて、6日(土)には、久しぶりにセンザキッチンの朝市に出店します。メダカ(種親の一部(去年産まれ、産卵中)を出します)、お米、ナス、ピーマン、くりまさる、オカワカメ、ニンニク、ナスの辛子漬けを出す予定です。

連日の日照不足で、葉が薄くて大きいので、暑さでだれています。

大きな実が少なくなったのと、先週末の液肥の葉面散布で、めしべの柱頭に勢いがもどりつつあります。

来週からくりまさるの収穫を開始します。

7月は2回学校給食にくりまさるを出荷します。来週よく熟れたものを収穫し、一週間追熟させてから出荷します。市場やセンザキッチンにも出荷しますが、完熟させてから収穫します。

早くに受粉したものはもうすぐ完熟です。

遅くに受粉したものはもう2週間くらいしてから収穫します。

ナスの害虫「アザミウマ」を天敵で退治するために、クレオメを植えています。

小原地区はほとんどの田んぼで中干しに入っており、溝切りも終わっているようです。我が家はまだなので気が少し焦りましたが、種まきと田植えが少し遅かったので、今日から落水を始めました。

さて、今日の学校給食は麻婆ナスです。昨日132kg、コンテナ12個分のナスを搬入しました。天候不順となり疲れで心配しましたが、無事搬入できてほっとしています。

さてさて、今年、ナスの害虫「アザミウマ」を天敵で退治するために、クレオメを植えてみました。クレオメにはアザミウマを補植して食べる「タバコカスミカメ」という虫が集まるそうです。クレオメの枝を切ってアザミウマの被害を受けているナスの近くに置いておくだけでよいそうです。今回は、アーデント水和剤で防除しますが、クレオメの株が大きくなったら使ってみようと思います。

紫系とピンク系です。白系もあります。トゲはひどいですが、花はとてもボリュームがあってきれいです。

葉脈の間に白斑が出ているので、ミカンキイロアザミウマが発生しているようです。

俵山地区ソフトバレーボール大会、木津区は今年も1位になりました。

昨日俵山小学校体育館で、ソフトバレーボール大会が開催されました。各区のチームに加え、俵山病院や合同チームなど8チームが二つのブロックに分かれて対戦しました。

木津区は、競ったゲームが結構ありましたが、1セットも落とすことなくブロックで1位になりました。私を含め、65歳以上のメンバーは応援でチームに貢献させてもらいました。

大会後は区民館で美味しいお酒をいただきました。いつもより少し量が多かったので、歩いて帰ってからは夕方まで寝て過ごしました。